就職時には評価する条件を明確にしておく事が大切

就職に際して、どのような基準で会社や仕事を選択されているでしょうか。自分の人生にとって大きな要素となるものであり、当然色々な角度から検討されているものと思います。しかし、大卒の30%の人が3年以内に会社を辞めると言う現実を見ると、やはり就職する時の検討に何か抜けている点があると言わざるを得ないと言えるでしょう。様々な企業が求人を出しており、就職活動中の選択肢はいくつもあります。どんな条件でなら、自分に合う仕事ができるかを考えて、優先度を決めましょう。給与や福利厚生にこだわる人もいますし、残業日数や出勤日数を優先したい人もいます。仕事内容や、与えられる責任の範囲、将来性を気にする人もいるでしょう。さらに転勤の有無、やりがいの有無、自分の適性等、考えられる条件をピックアップして、各条件毎に就職や転職先として考えている会社や仕事を自己評価するのです。条件は複数あるはずなので、それぞれの項目で点数をつけて、会社ごとの合計点を算出して比較検討してみるとよいでしょう。各条件ごとに重視する度合いに差がある場合には、評価するときの割合を多くすることで、より正確な評価ができるようになります。数字による客観的な評価も取り入れることで、せっかく就職したのにすぐに辞めてしまうような事にはならないはずです。給与待遇がいいことだけで会社を選ぶのではなく、仕事の内容や、将来のリスクなど、色々な角度から検討した上で仕事を選ぶといいでしょう。会社を退職する時には、妥協しきれないことがあって辞めざるを得ないのかもしれませんが、事前に知っておけば回避できたかもしれないこともあります。就職しようとする会社については、評価する条件を整理した上で客観的に会社や仕事を考えることが大切なのです。シロアリ駆除